≪Jimnyの山登りレポート≫               

   【ソバッケイな初日の出山行】

                                *タイトル命名と、画像提供は「ブルージック繁」です。

      *注・・・このタイトルは一緒に登ったメンバーか、
           名古屋地方の方以外には理解できないと思いますのであしからず・・・m(_ _)m。
           ちなみに「mimimama」さんは、愛知県春日井市の育ちです
。                    

【山域】・・・・・・・・くじゅう山系
【登った山】・・・・・涌蓋山、大船山
【山行日】・・・・・・2000年12月31日(夜)〜2001年1月2日
【コース】・・・・・・(1月1日)涌蓋山はけの湯登山口〜涌蓋山〜はけの湯登山口====車で移動
                男池〜ソバ
ッケイ〜大戸越〜坊ケつる〜法華院(バンガロー泊)
          (1月2日)法華院〜段原〜大船山〜大船山避難小屋(昼食)〜段原〜風穴〜
                ソバッケイ〜男池
           
【メンバー】・・・・・(
リーダー)なかなか計画書を作ってくれない「ブルージック繁」
          (サブリーダー)山のお土産は炊きたてご飯?「ボッカ馬場」
          (メンバー)・・・・背が高いのは、日本の山では不利かな?
                    フランスからの山人「PASCAL YAMAK」さん
                ・・・・・mimimama
                ・・・・・Jimny

  今年の初日の出山行は、くじゅうで!
  と言うタイトルで今回のリーダー「ブルージック繁」
  の発案計画で話は進んだ。
  
  12月31日、あわただしく仕事を片付け
  集合場所の「ブルージック繁」宅へ・・・・

  300坪はあろうかという邸宅から
  「シゲ・お春」夫妻と、
  「ボンジュール、ミナサン、ワタシハYAMAKデス」
  と、初対面の「YAMAK」さんが登場する。

  5人のメンバーでくじゅうへと向かう。

  はけの湯の登山口にテントを張る。
  1月1日、早朝、ヘッドランプで涌蓋山を目指す。 
  さすがに登山者が多い。
  山頂には3〜40人の登山者が
  二十一世紀の初日の出を待っていた。

  あいにくの曇天で
  日の出を見ることが出来ないまま下山する。
  
  車を男池まで移動する。
  牧の戸峠の駐車場は満車状態だったが
  こちらには、まったく車はない。

  シュラフ、食料などで膨らんだザックを背負って
  歩きだす。
  ソババッケから「平治岳」方向を見ると
  霧氷がきれいに付いている。
  楽しみだ・・・・o(^-^)oワクワク

  「大戸越」への登りを2/3程進んだ辺りから
  積雪があった。

  「大戸越」からの「三俣山」もどっしりしていて
  カッコイイ!

  青空に霧氷が映えている。

  しばらく景観を楽しんで、「坊ケつる」に向かう。

  「大戸越」から「坊ケつる」までは、
  思った以上に長い。
  
  もう着くはずだけどなあ〜と思いながら歩くが  
  なかなか坊ケつるに出ない。
  
  やっと草の原っぱに出ると、「坊ケつる」の
  避難小屋がそこにあった。

  「坊ケつる」から振り返ると、
  白く化粧をした「大船山」が聳えている。

  まるで、ネパールの山村から見上げた
  ヒマラヤの高峰の写真でも見るようだ。
     「坊ケつる」を抜け、「法華院」へと歩く。
     
     予約していた「法華院」のバンガローに入る。
     一番新しいバンガローとの事で、きれいだった。
     大人5〜6人はゆっくり寝ることが出来る。

     「法華院温泉」で温まり、新年会が始まる。

     「まず、ご飯を炊きましょう」   
     「何合炊くネ?」
     「明日の雑炊と、余ればオノギリにしてよかけん、8合炊こうで・・・」
     「そりゃあ、あんまり多かろう、6合くらいでよかさ・・・」
     「うんにゃ、足らんやったら困るけん、8合炊くよ!」

     一同、「シ〜〜〜〜〜ン」(-_-;)

     *翌日、一鍋まるまる残ったご飯は
      「ボッカ馬場」さんのザックへと納まったのでした。m(_ _)mご愁傷様

      でも、鴨鍋はおいしく出来、ビールと日本酒で二十一世紀をみんなで祝いました。\(^o^)/

      *********************************************************************

     バンガローで暖かい一夜を過ごすと、なぜか1月2日になっていた。

               *アタリマエカ・・・・(^_^;)

     外は小雨模様。
     「リーダー、計画書でいけば、もう起きんばいかん時間ばい・・・」
     「雨やろ〜、もうちょっと寝とこうで・・・ムニャムニャ」

     外は、雨から雪に変わった。
     「リーダー、雪になったばい」
     「そうね〜ムニャムニャ・・・・」

               *ダメだ、こりゃ(-_-;)

     結局、起きだしたのは、下界の生活時間。
     朝食の鴨雑炊を食べ、 バンガローのチェックアウト時間ぎりぎりの9時に出発となった。

  「坊ケつる」から「段原」に向かう。  

  ガスで展望は利かない。

  「段原」に出る頃から、風が強くなってきた。
  
  一旦、「大船山避難小屋」にザックをおろし、
  カラミで山頂に向かう。

  ここからは、強烈な風だ。

  時々立ち止まって風をやり過ごす。

  山頂付近のエビノシッポがよく発達している。
  貸切の「大船山」山頂で記念撮影をして
  避難小屋に戻る
  
  雪を溶かして、ラーメンを作る。
  冷えた体に暖かいスープがおいしい。

  後から、登山者が2〜3組やってくる。

  我々は、段原から風穴へと向かう。

  大柄な「YAMAK」さんは、
  張り出したミヤマキリシマの枝に苦労している。

  風穴からは、予定を変更して
  男池へと向かう。


         ボッカ馬場・・・「ソババッケまでは、どんくらいやろか?」
         mimimama・・・「1時間もあれば、ソバッケイ につくとやなか・・・」
         ブルージック繁・・・「ソバッケイ じゃの〜して、ソババッケやろ・・・」
         mimimama・・・・「ソバッケイ でよかたい、なんかおかしか?」

         ボッカ馬場・・・「そしたら、レモネードってゆうてみて・・」
         mimimama・・・「レモード」
         ブルージック繁・・・「なんかちがうね〜」
                    「ま、よかたい、帰りに生ビールでも飲もうで・・・・」
         mimimama・・・「よかね〜、生ール飲みたかね〜」
         ブルージック繁・・・「だけん、生ールじゃなくて、生ビールさ・・・」

         YAMAK・・・・「ニホンゴ、ムツカシイネ〜〜〜????」(^_^;)

         *******************************************************


         こうして、計画書を見た時点では、よくばり山行で面白そう〜〜
         と、言う計画だったが、山行が終わってみると、重い荷物を担いで
         くじゅうまで、新年会をやりに登ったようなもんでした。
     
         *ばばちゃんの、あの鍋一杯のご飯はどうなったのでしょうか?
          カミサンから不思議がられたのでは、と気に病むこの頃です・・・・・・