≪Jimnyの山登りレポート≫

くじゅう・黒岳(大分県の山)


【登った山】・・・・黒岳
【 コース 】・・・・黒嶽荘〜A地点〜稜線〜上台〜高塚〜風穴〜雨堤〜黒嶽荘
【山 行 日】・・・・2007年3月11日(日)
【 天  候 】・・・・晴れ
【メンバー】・・・・アトム、クニさん、ヤンマー礼子、mimimama、Jimny
福寿草で賑わう山を避けて、この時期静かなくじゅう・黒岳に行きました。
昔一度歩いた事のあるコースでしたが、何かすっきりしない事もあったので、
個人的には、それを確かめたい気持ちもあったのです、、、、

前日は時間に余裕もあり、早めの集合となりました。
諫早IC手前ででアトムを拾い、料金所のところで「山人」初参加の「ヤンマー礼子」と合流。
彼女は4年近くの山のブランクからのリハビリ参加です。
リハビリには少々ハードなコースでしたが、
さすがに以前のキャリアは伊達ではありませんでした、、、、

金立SAで「クニさん」と合流し、日田のダイエーで今日の晩餐の買出しをしてくじゅうへ。
小雨模様だったので、いつもの場所の軒下にテントを張り宴を始めた。
翌朝、山を見ると真っ白だ。
きれいに霧氷が付いている。
今日のコースは積雪があれば困難が予想されるので、悩みながら登山口へ移動する。
黒嶽荘から山へ入る。
積雪はなさそうだ。
予定通りのコースを取る事にする。
登山道を少し進んだ地点からコンパスを合わせ、稜線を目指す。
   ====途中省略====
稜線に出て、上台に向かう。
上台には霧氷が付いていた。
青空に白い霧氷が輝ききれいだ。
霧氷越に由布岳が見えている。
上台から高塚までは急登もなく、楽しく歩ける。
礼子ちゃんもブランクを感じさせないしっかりした足取りだ。

強風が吹く高塚では小休止を取っただけで、天狗との鞍部へと下る。
ここで昼食とする。
天気はいいが気温が低く体が冷える。
早々に風穴へと下る。
風穴まで来ると、ほっと一息つける暖かさだった。
ここから上峠方面に向かい、雨堤を経由して黒嶽荘へと戻るが、
途中の登り返しと急な下りは結構堪えた。

下山後は、全員の希望でいろいろなエピソードがある七里田温泉へと向かう。
ここのお湯は疲れが取れると、みんなに評判です。
休憩室では、クニさんがコーヒーを入れてくれ美味しくいただきました。

こうして、礼子ちゃんのリハビリ登山を兼ねた「山人」の例会山行も無事終わり
一路長崎へと帰ったのでした。